長崎 夜勤専従看護師

肺がん患者さんのケアについて。呼吸器内科・外科の看護師の役割

私は、一般病院の呼吸器内科、外科の病棟で勤務していました。

 

呼吸器内科病棟では、全体的に高齢者が多くいます。

 

肺炎や肺がんといった呼吸器疾患の患者さんは、高齢者に多くいますからね(´・Д・)」

 

また、呼吸器外科の患者さんは、どちらかというと中年の方が多くいました。

 

肺がんでオペをする患者さんや、肺気胸の患者さんが多かったですね。

 

肺気胸の患者さんは、唯一若者でした。
肺気胸になるのは、男性で背が高く痩せ型が多いのが特徴なため、高校生の男の子などが多く、病棟のムードメーカー的な存在になる患者さんが多かったですね(^o^)

 

呼吸器病棟では、吸引や吸入が多く、半数以上の患者さんが行なっています(´・Д・)」

 

高齢者の肺疾患の方は、特に自己排痰が難しく、タッピングや吸入で痰を出しやすくし、寝たきりの方は定期的に吸引で痰をとらなくてはなりませんヽ(´o`;

 

人工呼吸器の患者さんも数名いるため、呼吸器の管理もあります。

 

オペ出しやオペ迎え、オペ後管理も、毎日数名います。

 

病棟オペで、ドレーンの挿入や、挿管することもあります。

 

また、外来検査のブロンコには、必ず病棟からナースが1名おりていました。

 

また、中年で喘息がひどく入院してくる患者さんは、わりとプシコも罹っている患者さんが多かったため、不定愁訴などの対応が大変です(-。-;

 

高齢者や、寝たきりの患者さんが多く、肺がんの末期の患者さんも多くいたため、毎日のように急変もあります( ;´Д`)

 

ステルベンも多く、各勤務帯でステルベンがあることもありました。

 

呼吸器の疾患により、呼吸が苦しくなることって、痛みのように抑えられるものではありません。

 

呼吸が苦しくなることは、人にとって死の恐怖に直結する苦しみですヽ(´o`;

 

だから、不安も大きいですし、呼吸器科のナースにとって、そういった不安や苦しみを緩和するケア、声かけはとても大事な事だと思いますよ^_^